2007年08月12日

冷蔵庫で食品を腐らす日本人


食文化評論家の魚柄仁之助さんが、8月刊の朝日新書『冷蔵庫で食品を腐らす日本人』を出版した。


ニュースソース
http://book.asahi.com/clip/TKY200708110189.html






「この30年の冷蔵庫の普及で、日本の伝統的な保存食の技がすたれた。」と著者の魚柄仁之助さんは嘆いています。

確かに日本には伝統的に世界に誇れる保存食の技術があったはずですよね。

粕漬け、塩漬け、ぬか漬け、などなどの漬物類・・・
佃煮などの煮物類・・・
納豆、豆腐、味噌、醤油、などの発酵食品・・・
etc・・・

なかでももっとも普及している(いた?)漬物と言えるぬか漬けは秀逸です。

じっくりと時間をかけて伝統的な手法で作るぬか漬けは、乳酸菌や酵母菌を豊富に含み、またこれらがさらに様々な酵素を作り出し、健康にとても有用な食品となるのです。

野菜の酵素は普通、調理すると失われてしまうところが、漬物は酵素を増加させるのだそうです。

漬物は保存に適している上に、美味しい!ご飯に合う!
先達の日本人の知恵が凝縮された、すばらしい食材だと思います。

残念ながらスーパーで安売りしている漬物は促成で、伝統的な製法ではないものが多いので、
その良さがまったく継承されていない点で、非常に淋しい気がします。

せめて日本のスーパーで売る漬物ぐらいは、”本物”を扱って欲しいと思います。
各家庭で自分の手で作るようになるのが一番ですけどね。
posted by Nick at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(2) | 食文化
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ご飯がたくさん
Excerpt: いざというときの為に・備えあれば憂いなし。アルファ米・「新潟の梁(やな)からこんにちわ〜^0^」・冷蔵庫で食品を腐らす日本人・あるもので何とか・可愛い女の子が食べかけたの捨てた瞬間それを後で拾って食え..
Weblog: 保存食をたくさん集めました
Tracked: 2007-08-16 08:53

味の良さが人気のヒケツ。キャンプの携帯食
Excerpt: すぐ食べてみたいけど、食べたら備蓄にならないし…ジレンマですね(^_^;)家族が多いので、色んな種類を沢山買ってみました。実用品・普段使い  値段は若干高めですが、文句なしにおいし..
Weblog: 保存食をいっぱい集めました
Tracked: 2007-08-17 09:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。