2007年08月12日

おさかなマイスター


 水産業界や漁業団体などでつくる「日本おさかなマイスター協会」は、旬の魚や調理法などに詳しい人を「おさかなマイスター」として認定する制度を設ける。
 東京・築地市場で10月から講習を開き、来年1月の試験に合格した人をマイスターと認定する。

ニュースソース
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20070812i302.htm



食品の世界では、「お米マイスター」や野菜ソムリエと呼ばれる「ベジタブル&フルーツマイスター」が有名ですが、ありそうでなかった「おさかなマイスター」の制度が設立されることになったようです。

講習では、産地や漁法、旬の時期、栄養、目利き、調理法、取扱方法などなど、魚介類に関する広範な知識や、実際の味の違いなども学ぶそうです。

受講終了時の試験に合格すると、晴れて「おさかなマイスター」として魚介類の普及推進役として活躍できるというわけです。


周囲を海で囲まれた島国日本では、古くから魚介類とは深いつながりがあったはずですが、もはや今の時代、切り身ではない魚を一尾丸ごと見せられて、種類や調理法を応えられる方は、釣り好きの人以外、なかなかいないのが現実かも知れません。

このニュースを知って、テレビで活躍している「さかな君」がすぐに思い浮かびましたが、彼はすでに「おさかなマイスター」を先取りした活躍をしていると言ってもいいぐらいですよね。

彼の話は面白いし、もっと魚を知りたいという知的好奇心と同時に、食欲が刺激されます。

さかな君のように、魅力的ないろんなキャラクターの「おさかなマイスター」が登場すれば、私たちの食卓に魚料理が載る頻度ももっと増えるかも知れませんね。

「おさかなマイスター制度」の今後に期待しています。

posted by Nick at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食育
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。