2007年08月17日

みのもんた氏「朝ズバッ!」不二家断罪でお詫び


   TBS系情報番組「みのもんたの朝ズバッ!」の不二家報道をめぐって、みのもんた氏が「素直にお詫び申し上げたい」と謝罪した。同番組の放送内容をめぐって問題が指摘されてから、みのもんた氏自身が謝罪するのは初めて。放送倫理・番組向上機構(BPO)に同氏の「断定・断罪的なコメント」が問題視されたことを受けた形だ。

ニュースソース
http://www.j-cast.com/2007/08/16010386.html



 みのもんた氏の辛口コメントは、そのほとんどがわれわれ消費者・一般国民側に立って、大企業や政府、官僚などを「ズバッ!」と切ってくれるので、「よくぞ言ってくれた」という気分になることが多いですよね。
 「朝ズバッ!」は間違いなく、この、みの氏のパーソナリティを全面的にフィーチャーした番組です。

 しかし、あまりに影響力を持つマスメディアの顔である人物の発言は、時に物議をかもすということでしょう。

 具体的には、「古くなったチョコレートを集めてきて、新しい製品に平気で作り替える会社は、もうはっきり言って廃業してもらいたい」という発言が、「断定的」「断罪的」であり、「誇張され、視聴者に不二家に対するいっそうの悪印象を与える効果を発揮した」とBPO放送倫理検証委員会から指摘されたという経緯です。


 みのもんた氏が、ついに謝罪せざるを得なかった背景が気になります。

 テレビ番組というマスメディアは言うまでもなく、企業の広告収入で成立しているモデルであることを考えると、スポンサーの立場にある財界・業界の意向は、無視できない大きなものだろうと勘ぐってしまいます。
 われわれ「庶民の味方」という色合いの強い「朝ズバッ!」も例外ではないでしょう。

 約5秒間に渡って、深々と頭を下げたみのもんた氏を見て、「やっぱり体制側に屈したか・・・」という残念な気持ちを抱いたのはわたしだけでしょうか?
 この時の、みのもんた氏の胸中はどうだったのでしょう?

 みなさんは、どのような印象を受けましたか?



 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

謝らない人たちのその後〜みのさんの謝罪
Excerpt: みの「朝ズバッ!」で不二家報道謝罪 TBSの情報番組「みのもんたの朝ズバッ!」(
Weblog: 閑人倶楽部(備忘録)
Tracked: 2007-08-22 21:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。