2007年08月18日

食品リサイクル推進 業種別に実施目標率を設定

 スーパーや飲食店で発生する売れ残り、食べ残しといった食品廃棄物のリサイクル推進に向け、環境省と農水省は18日までに、食品関連事業者が達成すべきリサイクルの実施率目標を、業種別に設定する方針を固めた。事業者の取り組み状況に格差があるため、食品製造業、食品卸売業、食品小売業、外食産業に分類。各業種で目指す数値を掲げ、2012年度までに達成するよう求める考えだ。
 12月に施行される予定の改正食品リサイクル法に基づき、今秋にも策定する新たな基本方針に盛り込む。

ニュースソース[Yahooニュース]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070818-00000020-jij-pol



 食品廃棄物のリサイクルあるいは抜本的な削減は、日本の重要課題だと認識しています。

 日本は実に1年間で2189万トンもの食品廃棄物を出しています。
 国民1人当たりだと年間171kgにもなります。
 日本は、「世界で一番食べ物を捨てている国」なのです。

 そのいっぽうで、世界では8億人を超える人々が食料不足に苦しんでおり、飢えや栄養不良で毎日3万人、年間1000万人もの子どもたちが命を失っているのです。

 日本が先進国というのなら、どうすべきか?このままではいけないことは明らかです。

 
 食品廃棄物2189万トンのうちの約60%が家庭から出るゴミです。
 これは私たちひとりひとりの心がけから削減できるはずです。
 食材を余らせない。食べきれない量の食事は作らない。上手に再利用する。などなど。
 野菜くずだって、例えば、大根の皮やニンジンの皮のきんぴらはとても美味しい料理にできます。
 ミネストローネなどのスープに利用するのも手ですね。
 毎日3万人の子どもたちが飢餓で死んでいる現実を忘れてはならないでしょう。

 食品廃棄物全体の残りの約40%は、スーパーやコンビニ、ファーストフードやファミリーレストランから出るものが多いようです。
 ある調査によると、ある大手コンビニチェーンが1年間に消費期限・賞味期限切れで捨てた食品は約400億円分にもなるそうです。
 
 実に1社で400億円分の食糧がただのゴミとして捨てられているのです。
 しかもその付け、つまりロス分のコストは当然商品に上乗せされているはずですから、私たち消費者が負担しているわけです。
 私たち消費者が負担させられていることにも疑問を感じますが・・・
 
 もっと言えば、私たちも共犯者ではないか?と思うのです。

 私たち消費者の購買=支持があるからこそ、このコンビニチェーンは400億円ものロスを出してもなお儲かるビジネスが成り立っているのですから。

 
 私たちひとりひとりがまずは意識を変えましょう。

 そして・・・
 家庭の中で食品を粗末にしないこと。
 食品を粗末に扱っている企業からは購入しないこと。

 ひとりでも多くの消費者=生活者の意識が変われば、世の中を変えることに繋がると期待します。

 日本の、世界の、明るい未来を作るのは、国連でも政府でもなく、
 私たち、生活者ひとりひとりの意識と行動だと信じています。


  
posted by Nick at 11:39 | Comment(0) | TrackBack(1) | 食糧問題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「自由な時代」の「不安な自分」
Excerpt: ケータイは、お互い気持ちいい関係の相手とより頻繁に結びつくことを促しているだけで、疎遠な人々、苦手な人々とのコミュニケーションを忌避させる方向に向かってしまっている。このままでは、若者の間でコミュニケ..
Weblog: 社会のレビュー
Tracked: 2007-09-10 18:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。